脂肪を燃焼させるために、食べて欲しい栄養素

こんにちは!ディオーサの板野です。

お顔のたるみと脂肪燃焼⁈関係がなさそうに見えて、実は大切なんです。

なぜなら…

脂肪細胞が大きくなり、筋肉が支える事ができなくなると、たるみの原因になってしまうからです。脂肪細胞が大きくなってしまうのは、脂肪細胞を燃やす栄養素が足りて無いからかも知れません。

私達が食べている栄養は、細胞で燃焼されるのですが、燃やすための火元になる栄養素をご存知ですか?

イメージしてみてください。

バーベキューをするために、炭や薪を用意しますよね。この炭や薪を栄養素に例えると、炭水化物や脂質、タンパク質です。炭や薪をバランス良く並べても、着火材が無ければ、火は点かず、そのままの状態ですよね。炭水化物や脂質、タンパク質と一緒に、着火材になる栄養素を食べないと、体内で燃えず、ずっと残っている状態です。

この、大切な着火材になる栄養素が、「ビタミンB」です。ビタミンBは、豚肉などに多く含まれていて、脂肪を燃やして身体を暖めてくれる栄養素です。

実は、脂肪燃焼は、夏より冬の方が効果的に燃えると言われています。気温が下がる冬は、体温を上げようと、脂肪を燃やすからです。ビタミンBをたくさん食べて、脂肪を燃やし、効率良く小顔になっちゃいましょう!

横浜市鶴見区たるみ改善小顔エステ「ディオーサ」

営業時間 10時~18時

TEL:045-642-6206

e-mail:info@diosa.salon

コメントを残す