大切なお肌のために。

こんにちは!
横浜市鶴見区、たるみ改善小顔サロン「ディオーサ」美肌カウンセラー板野貴子です。
暖かくなったり、寒くなったりと不安定なお天気が続いてますね。
暖かい日が多くなると、気になるのが紫外線ですね。紫外線は、年間を通してふりそそいでいますが、3月頃から量も強さも増し始めます。
日焼け止めの準備はできていますか?
日焼け止めを塗る前に気をつけて欲しいのが、開封した日にち。開けてから時間が経っているのは、使用しないでくださいね。
日焼け止めに関わらず、化粧品は開封後なるべく早く使用していただきたいです。
なぜなら……
油が含まれているからです。
想像してみてください。
一年前のサラダ油。揚げ物や炒め物に使いますか?
恐らく酸化して油の色も変わり、臭いも強くなっていると思います。
これと同じような現象が、日焼け止めクリームでも起きています。化粧品には色々な成分が含まれているので、時間と共に化学反応が起きていたり、分離していたり……
そんな状態の日焼け止めを、大切なお肌に塗れますか?
考えただけでも、恐ろしいですよね。
日焼け止めは年間を通して利用するのは、もちろんの事、紫外線が強くなるこれからの季節は、紫外線の強さに合わせた日焼け止めを使ってください。
そして、1番大切なのは、
どんなに去年利用した日焼け止めが残っていても、使用しない事。
すべては、大切なお肌のために!!
紫外線からお肌を守って、老化知らずのお肌を手に入れましょう。

コメントを残す